勉強中学受験を志望するために塾通いを始めることがあります。まだ小学生なので始めてしばらくの間は、通学や慣れない場所での人間関係などに気を使うので、子どもの健康に関して保護者の方が、それまでよりも疲れていないかどうかチェックしたり、気を使ったりすることが必要になります。

また、経験と実績のある塾の先生方でしたら、教育だけでなく通うことが初めての小学生の扱いに慣れていると考えられます。しばらくはペースを落として様子を見たり、行動を観察したり、場合によっては保護者の方へ連絡があることもあるでしょう。こうした気遣いのできるところは、多くの面で行き届いていることが多いです。

また、大学生への依頼や派遣の多い家庭教師と異なり、通うのに要する時間や準備などにより多くの時間が取られがちです。場合によっては親による送迎が必要になるかもしれません。

未就学児の小学校受験とは異なり、親が何から何まで面倒を見る必要はありませんが、そうはいってもまだ自立する力に乏しいですので、自分で考えたりできたりすることが限られています。したがって親子で協力し合って受験を乗り越え合格を勝ち取る体制づくりが望まれます。

特に健康面に関しては、睡眠時間を確保することは何より大切です。そして学校の行事などで忙しかったり、体力を要したりする際の塾通いの際にはより消耗しがちですので、普段しない送迎をこの時だけは行うなど、中学生や高校生の受験生とは違って親としてサポートすることもある程度は必要かもしれません。