中学生中学受験をするお子さんにとって、勉強に集中できる環境はとても重要です。家庭学習が一番落ち着いて勉強できるという子や、塾で友達やみんなと一緒でないとできない子、家庭教師に教えてもらうのが一番合っている子など、それぞれの子どもによって合う方法は違います。
受験のための学習方法にはいろいろな種類がありますが、中でも、塾に通わせることで入試情報や中学校などの情報なども入ってきやすく、中学受験において必要な情報を手に入れられるという点や、同じ目標に向かって頑張る友達・仲間ができるという点では大きなメリットがあります。しかし、学習塾や教育センターでは、塾講師などの先生や他の生徒との人間関係があり、テストの成績によってクラスが分けられたり、ランキングが出されたりする競争社会でもあるため、人間関係で躓いてしまう子がいるのも事実です。
特に、中学受験を目指す子供の中には、語彙が豊富で気の強い子、キツイ言い方を子などもいるという話をよく聞きます。そのような子は、御三家などの有名中学を目指す子に多く、子供の世界ながら大人のような競争社会が構築されているという話もあります。
あまり気の強くない子がそのような特有の競争社会の中に放り込まれると授業に身が入らなくなったり、受験が嫌になってしまう可能性もあります。そのような場合には、他の受験のための教育施設を探したり、先生とマンツーマンでの授業を行える家庭教師に変えてみると成績が伸びる場合があるので、検討してみるのも良いかもしれません。