宿題中学受験を控えるお子さんがいる家庭では、受験勉強をする場所として学習塾を選んでいる家庭も多くあります。未就学児から勉強をしている子供もいるでしょう。そのような子供の悩みの中で最も多いものの一つが「宿題量が多くて宿題をする時間がない」というものです。
中学受験を控えている小学生は忙しいです。塾での勉強や家ですることに加え、自宅から遠い学校に通っている子などは朝起きる時間も早く、夜更かししてしまうと学校での授業にも影響が出てしまうため、夜更かしもできない状態です。このような状況で、塾での宿題にわからない部分が多いと、次の授業までに宿題をこなせないどころか日々の生活にも影響してきます。そこで、忙しい日々の中で受験予備校の宿題をこなすためには授業内での理解が不可欠です。
受験専門の予備校と言っても、それぞれの予備校やクラスによって先生の教え方は異なります。また、出される宿題や問題の質なども違ってきます。例えば、中学受験の予備校で有名な日能研の場合、コツコツと勉強を積み重ねることによって学力を上げるという教育をしています。早稲田アカデミーでは、反復学習によって知識を定着させ、成績を上げるという授業をする傾向にあります。このように、予備校によって教え方が異なるので、子供が学習しやすい環境で勉強させることが重要です。環境を整えてあげることにより、授業の定着度も上がり、宿題を解く時間やスピードも上げることができるようになるでしょう。また、忙しい中で大量のタスクをこなすというスキルは、中学生や高校生、大人になってからも役立つスキルなので、小学生のうちから鍛えておくと後々人生の役に立ちます。