ダルマ中学受験塾は、集団塾の場合、志望中学校のレベルによってコース分けされていることがあります。科目それぞれにレベル分けするとなると、1クラスあたりの人数が少なくなり月謝は割高となります。また、ハイレベルのクラスになるほどさらに月謝が高くなる傾向があります。少人数精鋭のクラスの授業内容はさまざまですが、公立中高一貫校向けの入試対策だと、考える力を養う学習がおこなわれる、とアピールされています。実際にそうした力がついているのかどうかは、保護者が見てあげる必要があるでしょう。高い月謝に見合う効果が得られなければ、他の方法に切り替ることも考慮することになります。合格実績というのも確かめようがないので、そうした数字より、子どものテスト結果や問題集の解答を見て、授業の理解度を判断したほうがいいでしょう。
一般的に名門中学向けのクラスは、月謝が比較的高い傾向にあります。児童の中には、塾内で精鋭のクラスに入ることを目的にしてしまっている場合もあります。受験を見据えた勉強より、塾内のテストに気をとられることもあるようです。中学受験では、広い範囲からの出題となりますので、一夜づけの技術が身についてもどうにもならない面があります。実際、精鋭クラスにいても、基礎ができていない場合もあります。
塾内の競争に追われ、それが学力に結び付いているとは言えない状況なら、通信教育や家庭教師のほうを選び、自分のペースで学習したほうがいい場合もあります。